読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

レビトラ、大人気ed治療薬なる理由

レビトラのmgの表記は、この成分の含有量を示しているもので、多い方が有効成分をよりたくさん含んでいます。

 

バルデナフィルは、白色の結晶性を持つ粉末となっており、その特徴は、名前にもあるとおり、「水に溶けやすい」という点です。この溶けやすさは、他のED治療薬であるバイアグラシアリスにはないもので、これらと比べて血中に溶け出すペースも速くなっています。

 

また、成分が体に及ぼす作用の基本は同様で、勃起を促すcGMPと呼ばれる血管を拡張させる物資を破壊してしまうPDE-5の働きを抑制する作用を持っており、これにより勃起を促したり、持続させたりする効果が期待できます。

 

レビトラは他のED治療薬よりも食事やアルコールなどの影響が少ないと言われています。しかし、お酒が弱い方がレビトラとアルコールを併用すると、一気に酔いが回ることがあるようです。また、お酒の強い方もアルコールを摂取しすぎるとレビトラの効果を感じにくくなります。しかし、緊張からくる心因性のEDの場合、あえて少量のお酒を飲むことで気分をリラックスさせレビトラを効果的に使えるケースもあるようなので、覚えておきましょう。

 

レビトラの錠剤はバイアグラとレビトラを比べると、少粒で飲みやすさというメッリトがあります。それから、レビトラの効果の持続時間がバイアグラより長いで、5~10時間ですから、ちょうど良い程度と思います。

 

レビトラの情報サイトを利用して、もっと了解できます

http://www.galerie-kistler.com/

ED勃起不全っていったいどんな病気ですか?

ED とは、英語の「Erectile Dysfunction」の略であり、「勃起機能の低下」を意味します。日本では「勃起障害」「勃起不全」と訳されますが、まったく勃起が起こらないケースに限らず、硬さや維持が不十分であることも含め、「満足な性交がおこなえない状態」と定義されています。俗に言われる中折れや途中で萎えてしまうというのが ED の一番多い症状です。

 

日本では成人男性の4人に1人が、『ときどき性行為が出来ない』中等度以上の ED 症状を抱えているとされています。しかし、日本国内での ED の認知度はまだまだ低く、『性行為は出来るが硬さが十分でない』などのより軽度の ED も含めるとその推定数は1,800万人ともされており、そうなると3人に1人がなんらかの ED 症状を抱えている計算になります。

 

ED治療方法・レビトラ

レビトラは日本で、バイアグラの発売が開始された翌々年の2001年12月に厚労省に承認申請を行い、2004年4月に製造販売が許可されました。そして、2004年6月に[5mg]と[10mg]のレビトラの発売が開始され、[20mg]に関しては遅れること2007年7月に発売されました。

 

レビトラの名前の由来について。レビトラは英文で「LEVITRA」、これは「le」と「vitra」の意味から成ります。フランス語で男性定冠詞の「le」、ラテン後で生命を意味する「vitra」つまり「男性の生命」という意味が込められているのです。

 

もっと了解したいなら:

http://www.galerie-kistler.com/

男性不妊とはどんな病気?

男性不妊症とは、不妊症の内、主たる原因が男性側に認められるものです。かつてはあまり注目されない概念であったが、近年は研究と認知が進んできており、その罹患率も女性に比べ極端に低いとも言えず、不妊症は決して女性だけの問題ではないと認識されつつあります。

 

男性不妊原因について

男性不妊には先天性と後天性のものがあります。先天性の男性不妊の原因は、様々な遺伝的要因や、発育段階で受けた影響等で、性機能不全になるものです。性機能不全とは、性的欲求や性的興奮とその最高潮などが、減退・欠如する状態をいいます。勃起障害(ED、勃起の状態や持続時間が不十分で性行為が行えない又は不十分な状態)、早漏(射精が早期に生じ、性行為に満足を得られない)、オルガスムス障害・遅漏(オルガスムスに達ない、又は時間がかかりすぎ、射精困難で満足が得られない)等があります。

 

男性不妊症状について

無精子症とは、男性の精液中に、精子を観察できない状態、あるいは運動率が極端に低い(20-30%以下)場合を言います。無精子症不妊の最大の原因となり、深刻な問題として認識しなければなりません。診察で無精子症と診断されても、その後の治療・改善によって妊娠する夫婦はたくさんいますから、あきら めることはありません。

 

精子症とは、精子の数が一般的な数値よりも極端に少ない症状です。乏精子症の程度によって、軽度・中等度・重症度に分けられます。正常値は、1ccあたり6000〜8000万以上と言われますので、5000万以下の場合は軽度、1000万以下の場合は中等度、そして100万以下の場合は重症度,と区分されます。

 

精子無力症とは、活発に前進することができる精子がとても少ない状態のことを指します。具体的には「動いている精子が50%未満」、もしくは「活発な前進運動をしている精子が25%未満」の場合と定義されています。すべての精子が動いておらず、精子が生きているのかどうか見ただけでは確認できない状態のことを「精子不動症(せいしふどうしょう)」と呼ばれます。これらの症状は、精子の“量の問題”ではなく“質の問題”と言えるでしょう。

 

無精液症とは射精感があっても、実際には精液がまったく射精されない状態のことを言います。精液が作られない状態になっている、また逆行性射精なども考えられます。